top of page
職業:会社員
出身:福岡県 1996/3/10
大学2年からホッケーを開始。豊富な運動量と足の速さを生かしたプレーが持ち味です。

FW 副キャプテン

4 KURUMI INADA

稲田 くるみ 

HOCKEY

大学2年でホッケーと初めて出会い、ホッケーの魅力を知り競技を始める。社会人になり1年ほどホッケーから離れた後、東京ヴェルディホッケーチーム設立とともに加入。競技歴が周りに比べて浅い分、吸収力を大事にし、持ち前の体力と足の速さでチームに貢献できるプレーをしています。

MEMBER INTRODUCTION

仕事・スポーツの両方に対して全力に取り組める環境があると感じたから。全力で頑張りたいから。

Q. 加入したきっかけ・理由

ホッケー界の先駆者として、いろんな事にTRYするチームを作りたい。選手を始め、関わる人が幸せになるチームを作りたい。

Q. ヴェルディで成し遂げたいこと

ホッケーは個人的に技術的な要素も高く、運動量も豊富、戦術もあり、やるほど面白いスポーツだと思っています。一度体験してもらえると嬉しいです!また全力で何かに打ち込む事に年齢は関係ありません。自分の人生に後悔の残らない選択が大切です!

Q. アカデミーや子どもたちへ一言

ゲームの流れを意識しながら、確実にチャンスを作る事を意識。攻撃のための守備を大事にしています。

Q. プレー(コーチ)スタイル

Q. プロフィール

身 長:158cm
体 重:53kg
血液型:
加 入:2019年
愛 称:くるみ

Q. スポーツ関連ライセンス

ハンドボール、サッカー

Q. 他競技歴

Q. 主な経歴

友人に連れられ、ホッケーの部活を見に行った際に、シュートのカッコよさと人生の中でなかなか体験することのないスポーツだと感じたため、始めた。

Q. 競技を始めたきっかけ

知るたびにホッケーの難しさを感じていることが続けている一つの要因です。また、スポーツ・仕事両方頑張る姿が、自分の周りの人に良い影響を与える経験もあるから。

Q. 競技を続ける動機・理由

スポーツは違えと、頑張る一員としてお互いに励まし合いながら、競技を行うことができる点

Q. 総合クラブに感じる価値

どんな結果でも、試合が終わったときに拍手や応援をくださるサポーターの皆さまに元気をもらっています。その恩返しができるよう全力を尽くして頑張ります。

Q. サポーターへメッセージ

bottom of page